白髪染めをやめたい人は、ハイライトでぼかすカラー!

ヘアカラー
この記事は約3分で読めます。

どうも、おそのです

“素髪を活かしたまとまるカット” ができる博多の美容室 WHAT COMES AROUND…  ーワッカムー(https://whatcomesaround-nydc.com/)で働いています

台風10号が過ぎ去り、なんだか秋の匂いがするようになりましたね

朝のひんやりとした空気が少し心地よく感じるこの頃です

自我大爆発中の娘は寝るときにズボンを履きたがらないためオムツとTシャツ、時には肌着のみで寝るときがあります…

風邪を引かせないように闘いの日々です

気温差が出てきました、みなさまも体長を崩されぬようご自愛くださいませ ☘

   

目立つ白髪は隠さずぼかす!

さて、今回は白髪染めについてです

ヘアカラーは今や多くの方が楽しんでいますよね

カラー剤は次から次に新しいものが出て綺麗な発色のものもたくさんあります

しかし、白髪が増えてくると隠すことばかりが気になり、今までのようなオシャレ染めができず不自由を感じることもあるのではないでしょうか?

白髪は全体まんべんなく染めると染めたてはきれいですが、1週間もすれば根元からひょっこり白髪さんが顔を出し始めます

1ヶ月も経つと伸びた分が白い帯になって鏡を見るとガックシ。。。

そこで、

明るい髪が好き!

すぐに生えてくる白髪に振り回されたくない!

なんとか白髪をごまかしたい!

という方向けのヘアカラーをご紹介します

ホイルを使ったハイライトを入れる

白髪の帯が出ないようにするには、全体を同じ色で染めないことがポイントです

ここで使うテクニックが ”ハイライト”

いくつものブロッキングしたパネルから間引いた毛束のみを明るくする技術です

間引く毛束の太さを変えることでデザイン幅が広がります

もちろん明るさも調整可能ですが、白い髪の毛と馴染ませたいわけですから基本的にはブリーチなど極端に明るくできる薬剤を選びます

わたしの場合のカラーでご紹介しますね!

(パサパサで堅そうな髪やね〜!というコメントは控えめでお願いします 笑)

全体で見れば白髪は10%あるかないかだと思いますが、薄毛になりつつある(←深刻。)顔周りに集中しています

1本1本がパラパラと存在しているので細いハイライトを全頭に入れました

ホイルで時間をおいたあと、黒い毛とできるだけ馴染ませるためジャンボコームでとかし少し時間をおきました

シャンプー後に再度色をかぶせ、流すと出来上がり。

脱色しやすい髪質なので暗めに仕上げて褪色も楽しもうという作戦です!

多毛硬毛直毛の3冠王も少し軽さと柔らかさを感じる髪になってますよね!

分け目ともみあげ周辺に白髪がいますが、全体的に見るとちゃんと馴染んでいます◎

厄介ものの白髪さんがオシャレさんになってくれて大満足です!

2ヶ月後…

完全に色が抜けた髪の毛です

分け目も、

もみ上げも、

色が抜けてもハイライトのおかげでそんなに白髪が目立ってないと思いませんか?

白髪の量が多くなるほどさらに目立ちにくくなります

まとめ

ハイライトによる白髪ぼかしの良さをお伝えしました

すぐに伸びてきて憂鬱な朝を迎えずに済みます◎

おしゃれ染めの色味で染めれます◎

1つだけ!

少なからずダメージを追うというリスクもあります

できる限りきれいな髪がいいので、ハイライトは毎回ではなく2・3回に1回にしたり、表面だけ入れたりと工夫はできますよ!

チャレンジしたいけど不安だなという方はご相談くださいね☺︎

では、今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました!

また来週お会いしましょう〜

良き1週間となりますように!

タイトルとURLをコピーしました